亜鉛はビタミンCと相性が良いのですが…

ビタミンCとともに亜鉛を摂取すると、栄養の吸収成分が
大幅に上がることを知っていましたか。

亜鉛とビタミンCはかなり良好な相乗関係にあるため、
お互いが作用しあい、かなり良い影響を及ぼしてくれます。

亜鉛欠乏は味覚障害などを引き起こすため、少しずつでも摂取して
おく必要はありますが、摂り過ぎは禁物です。

限度を考えながら、サポート程度に利用していきましょう。

亜鉛摂取に適している食材としては、レバーが挙げられます。
牡蠣やたらこなどにも含まれていますが、含有量はレバーがトップクラス
ですので、できればレバーを食べることをおすすめします。

しかしながら、レバーは癖のある味が苦手、という人も多くいます。
そんな人のためにおすすめなのが、サプリメントで亜鉛を
補給していく方法です。

基本的にはサプリメントは継続しなければいけませんが、亜鉛不足を
感じたときに活用していくだけでも効果は出ますので、
無理のないように続けましょう。

亜鉛は、ミネラルの一種で、新陳代謝を司ります。
この亜鉛によって、ビタミンCの吸収効率は格段に上がり、ビタミンAも
活性化させ、たんぱく質合成にも役立ちます。

にきびへの直接的な作用としては、活性酸素の低減があり、皮膚の酸化
を防ぐとともに、皮膚がメラニン色素を多く作り過ぎないように
してくれる効果があります。

亜鉛は他の栄養分と併用するのがベストな使用方法ですので、
正しく活用しながら、最大限の効果が発揮できるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ