コラーゲンを使用した治療法とは

ニキビの改善のためには、コラーゲン利用を活用する
という方法もあります。

コラーゲンは肌のハリやツヤを維持し、透明感のある肌を
担うとても大切な成分ですが、これが不足すると、肌の状態は
どんどん悪くなっていってしまいます。

ニキビの改善の面から見てもそれは同様であり、コラーゲンが
あったほうが、ニキビそのものの治りも早いですし、ニキビの跡も
残りにくいというデータがあります。

コラーゲン摂取には、注射摂取療法と、食事療法があります。
注射摂取療法は、そのまま注射を利用していく改善策です。

ニキビ部位に直接コラーゲンを作用させていきます。細い針を利用
するため、痛みは少なく、あまり違和感もありません。

医療機関を利用する場合は皮膚科や美容整形外科が適しているので、
この方法を考えている人は、この科がある病院を探しましょう。

もちろん、注射などの行為を伴いますので、カウンセリングは
しっかりと受け、不安や疑問・質問がないようにしてから臨んでください。

食事療法では、コラーゲンを食材から取り入れていきます。
豚足などをはじめとして、牛筋や軟骨、とり皮にコラーゲンは
多く含まれます。

ビタミンCと合わせて摂取することにより、コラーゲン生成が体内で
すばやく行われるようになるため、さらに効率的に改善できます。

コラーゲンが多い食材が苦手という場合や、ビタミンCとの併用摂取が
難しい場合は、サプリメントという手もありますので、
自分に合った方法で、毎日少しずつ摂取していくことをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ