肌質は大きく分けて3つに分類される

ニキビは、肌の質によって出来やすさが変わってきます。

それによって、どういう風にニキビケアを行っていくかも
変わってきますので、把握しておくことが必要になります。

肌質は、顔だけのものだと思っている人も多いようですが、
実は全身に通じているものです。

背中のニキビの要因が、肌質の違いによるものだということも
少なくありませんので、しっかりとつかんでおきましょう。

大きく分けて、3種類に肌質は分けられます。
1つ目は、脂性肌と呼ばれるものです。
別名オイリー肌といわれ、皮脂の分泌が多く行われるため、
残念ながらニキビができやすい肌となっています。

肌質の違いごとの症状とケア方法

皮膚は厚くなりがちなので、皮膚の温度も上昇しやすく、
暑がりの人に多い傾向にあります。皮脂の過剰分泌が原因で、
そこからニキビに発展してしまう場合は多いため、
皮膚は常に清潔にしておくことを心がけましょう。

2つ目は、乾燥肌です。非常に有名な乾燥肌という言葉ですが、
これは脂性肌とは正反対の肌質となります。肌そのものは綺麗ですが、
とても湿度に敏感で、すぐに乾燥しやすいというデメリットがあります。

刺激に弱く、すぐに傷がついてしまったり、できものができてしまったりと、
ケアが大変な肌でもあります。肌そのものを強くするように、
化粧品を選び活用していきましょう。

3つ目は、混合肌です。部分的に、脂性肌と乾燥肌が混ざったような
性質であるこの肌質は、部位によって化粧品の使い分けが必要になります。

肌質の違いについてもっと知りたい方は
医師などに相談し、どう対処していけばよいか相談しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ