ホルモンバランスとニキビは比例して増減する

ホルモンバランスが乱れると、ニキビは出来てしまいます。
思春期にニキビができやすいというのは、ここから来ているのです。

それでは、なぜホルモンバランスがニキビと密接に
関係しているのでしょうか。

ホルモンバランスが崩れると、肌の皮脂分泌のバランスも乱れます。
これは、ホルモンバランスが乱れることにより、体内のバランスが
不安定になるため、精神的には何の影響がなくても、肉体的にストレス
負荷がかかった状態になることが原因です。

肉体的にストレスがかかってしまうと、脳はだんだんと疲弊し、
指令を上手く出せなくなります。

これでは体が上手く機能しなくなり大変ですから、万が一の事態になる前に、
体が自らを守るべく、対策をしきます。

この対策とは、テストステロンと呼ばれるホルモンを作り上げることです。

テストステロンの生産により、体内のストレスは大幅に軽減されることに
なりますが、このホルモンの効果として、皮脂の過剰分泌があります。

これにより、皮膚の状態が普段よりも悪い状態になっているのに加え、
皮脂が分泌されますので、カバーしきれなくなり、ニキビへと
変わっていってしまうのです。

この循環は、ホルモンバランスが不安定だと誰にでも起きる悪循環です。
一度循環に嵌ると抜け出すのに苦労しますので、前もってホルモンバランス
を一定に保っておきましょう。

毎日の生活を規則正しく保つことや、栄養のある食事を摂ることによって、
簡単にホルモンバランスを戻すことができます。

月経などによってバランスが乱れると分かっている場合は、
サプリメントで対応するなどしても良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ