健康状態は肌にできたニキビでわかる

ニキビは肌にできるものです。

そのため、もちろん肌と密接に関係しているのですが、
実はニキビと肌の関係を知っておくことによって、
さらに効果的に治療することができるのです。

ニキビは、様々な要因の元起きてしまいます。
肌に傷がついてしまったことが原因である場合や、
細菌の繁殖が原因である場合、角質の厚さ・硬さが原因である場合、

ホルモンバランスが乱れている場合、生活リズムが乱れている場合、
皮脂が過剰に分泌されている場合などが挙げられますが、
どれも自分の健康状態のバロメーターになっているのです。

それに対し、肌はどうでしょうか。肌も、ニキビと同様に、
自分が少しでも不規則な生活をしてくると、荒れてきたり、
化粧ノリが悪くなったり、乾燥したり、べたついたり、様々なコンディション
で示してくれます。

つまり、ニキビも肌も、自分の健康状態の指標となっているのです。
肌の調子が悪いときは、不健康の兆しが見えているとイメージすると
分かりやすいかもしれません。

そして、ニキビができ始めたら、ちょっと改善をしなければ
ならないポイントなのです。

意外と自分の健康状態は分かりにくいものです。
毎日の肌の調子を気にしていくことだけで、自分の健康状態を
つかんでいくことができるのです。

体調を崩しやすい人や、なかなか生活が安定しない人は、
肌を少しでも良いので気にしてみましょう。
体調を崩す前触れが分かってくるはずです。

肌の乱れの段階で気をつけていけば、体も強くなれますし、
肌そのものも強くなり、ニキビ知らずになれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ