ニキビ、レーザー治療の代表的な4種類の効果

ニキビのケアのひとつとして、レーザー治療があります。

レーザーと聞くとかなり大掛かりなものを想像しがちですが、
ニキビ対策のレーザー治療は、それほど身構える必要はありません。

レーザー治療は皮膚科のある医療機関で受けることができ、
4種類のレーザーが使い分けられています。

ニキビの跡を消したい場合は、co2レーザーが一般的です。
もっともメジャーな赤外線レーザーであり、皮膚を焼きながら
水分をとばすことによって、皮膚の疾患を改善します。

ほくろを消したり、シミ・そばかすを消したりと応用の範囲も
広がっているため、近年特に耳にするようになりました。

焼くというメカニズムのため、皮膚を休ませる機関も必要ですが、
完遂するとかなりの効果が期待できます。

コラーゲンを活性化させることによりニキビ改善を期待する場合は、
クールタッチレーザーが使われます。

皮膚の内部に刺激をかけることにより、コラーゲンに働きかけます。
レーザー治療していることが外から見るとわかりにくいうえに、
低価格で、お財布にやさしいというメリットがあります。

一度では効果が出ないのが玉に瑕ですが、回数さえこなせば、効果が出ます。

皮膚に菌が繁殖してしまい、それが原因でニキビとなっている場合は、
クリアタッチレーザーを利用しましょう。

肌の殺菌効果に優れているため、最もスピーディーに改善が期待されます。

血管が弱いことによりニキビが出来てしまう場合は、
Vビームレーザーが適しています。

これは、毛細血管をあえて破壊することにより、血管拡張をはかるための
レーザーで、他のレーザーと比べて特殊な効果があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ