肌良い睡眠はどのくらい必要なのか

ニキビは、生活リズムを保つことで改善されますが、
その生活リズムの中で重要となるのが、睡眠の時間です。

睡眠は、体の疲れを取るうえでも、リズムを保つ上でも
非常に重要となります。つまり、睡眠不足は健康な肌の大敵である
というわけです。

ストレスは、精神的だけでなく肉体的にもかかります。
ストレスがたまっている状態だと、体はストレス低減のために
動くことになり、ストレス改善のためのホルモンを大量に精製します。

このホルモンは男性ホルモンの一種ですが、
皮脂の過剰分泌を誘導してしまいます。

これでは、肌が強くなっても、ニキビの要因をなくせません。
そのため、睡眠時間をしっかりとることにより、
肉体的ストレスを減らすことは、重要なのです。

安定した睡眠を保つためには、早寝早起きが重要です。
夜勤勤務の場合はこれにあらずになってしまいますが、
毎日一定時間を睡眠として確保することが大切になってくるのです。

肌に良い睡眠時間は8時間がベスト

肌に良い睡眠時間としてベストなのは、10時~夜中2時頃に寝ておくことです。
夜は、日光もでていませんので、睡眠を阻害するものはほとんどありません。
この時間は熟睡に最適です。

また、時間は8時間がベストだとされています。皮膚の補修や、
内臓の強化、栄養の循環、ストレスの低減、脳の休眠などは、
全て睡眠中に行われますが、これほどまでに沢山のことをこなすには、
8時間以下では足りないのです。

8時間の睡眠で、自分の体を完全に元気な状態に戻すことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ