何故ストレスが背中ニキビが出来る原因になるのか?

ストレスは背中ニキビの大きな要因になります。

なぜなら、ストレスは、直接的にニキビにかかわってくるもの
だからです。

肌が荒れてくるのはストレスのサイン、なんてよく言われていますが、
これは実は本当のことです。それには、ストレス軽減のための
体内の動きが大きくかかわってくるのです。

ストレスが溜まってくると、無意識のうちに、
体はストレスを減らそうと動きます。ここで動いていくのは、
体内にあるホルモンです。

これは背中ニキビも同様です。背中ニキビを気にして、ストレスが溜ると
更にニキビが増えやすい状態を作るという悪循環に陥ってしまいます。

ストレスは、実は多くなってくると、脳からの指令をにぶらせてしまう
働きがあるので、そうならないために、ストレスそのものを消そうと、
体が動きます。

ストレスを消すために必要なのは、テストステロンと呼ばれる
男性ホルモンです。

本来女性には、このホルモンは少ないのですが、ストレスが多くなるにつれて、
テストステロンも多く生成されることになります。

このホルモンがあるからこそ、ストレスが発散されていくのですが、
このホルモンには実は大きな弱点があるのです。

その弱点とは、皮脂です。皮脂を上手く管理できないため、
テストステロンが多くなると、皮脂の分泌も多くなってしまうのです。

背中ニキビの要因として、皮脂の過剰分泌がありますが、
ストレスが要因となり、それが結果的に皮脂の分泌につながってしまうのです。

ストレスから背中ニキビを悪化させる「活性酸素」

また、身体はストレスから身を守ろうとします。
その際に、活性酵素というものが多量に生産されます。

この活性酸素は、普段は様々な病気等から身を守る重要な役目を
持っていますが、多量に生産されすぎると、影響の無い良い細胞まで
攻撃をして壊してしまうというデメリットがあります。

そのため、ニキビが悪化する原因とも言われています。

同様にストレスから身を守るために、糖質コルチコイドという
抗ストレス物質が体内に分泌されやすくなります。

この物質はステロイドホルモンというもので身体を守るために
必要なのですが、過剰に分泌してしまうと逆に肌に悪い作用をおこし、
ニキビの原因となりやすいのだそうです。

この悪循環にならないためには、ストレス発散がとても大切。

週末には気晴らしに出かけるなどといった、気分転換が大切です。
忙しい毎日の中でも、少しずつ癒しの時間を見つけて、
精神的にも健康な状態を保ちましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ