ニキビになりやすい人は前もって決められている

ニキビになりやすい人には、
なりやすい体質があることを知っていましたか?

衝撃の事実かもしれませんが、ニキビになりやすいかどうかは、
ある程度細胞が決定してしまっているのです。

だからといって、諦める必要はありません。
その体質に合ったケアを行っていくことで、肌の状態は健康に戻すこと
ができますし、ニキビのできにくい体質へと変えていくことも可能なのです。

それでは、ニキビになりやすい体質かどうかは、どこで決まるのでしょうか。
その答えは、2つあります。

ニキビになりやすい人の2つの遺伝

1つ目は、角質の遺伝です。
体の細胞は、全て親に依存していきますが、その中に、
角質をつかさどる細胞があります。

角質は、強固かどうかによって、ニキビになりやすいかどうかが
決まるので、遺伝依存になってしまうのです。

角質が硬いと、皮脂をうまく逃がすことができず、中に皮脂を溜め込んで
しまいがちとなり、ニキビの要因になってしまうのです。

2つ目は、酵素の遺伝です。
酵素は、体の至るところに存在し、色々な役割を担い活躍していますが、
その中でニキビの要因を作り出してしまう酵素というものがあります。
この量が多いか少ないかによって、ニキビが出来やすいかどうかが決まるのです。

この酵素は、男性ホルモンに働きかけます。
この男性ホルモンは、ストレスがたまっていると多く作られてしまうため、
酵素遺伝によってニキビができやすい人は、

積極的にストレスを晴らすように生活していくことで、
大幅に改善が期待できます。

これらの事実は、自分のニキビの原因がどこにあるか知っておくことで、
より効果的な治療ができということをあらわしています。

自分の体質や肌質を知ることは大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ