美白効果でも人気のトレチノイン

トレチノイン酸は、塗ることによる効果に特化しています。

そのため、塗るトレチノインと称して、トレチノインクリーム
という形で販売されており、ニキビ改善が期待できるのです。

高い効果がある反面、副作用も示唆されているため、理解のうえ
購入を検討しましょう。

トレチノインクリームの効果としては、ビタミンA誘導、
皮脂老廃物排出の促進、コラーゲン誘導、ヒアルロン酸誘導、
皮膚のターンオーバーの促進があります。

基本的に皮膚を全体的にバックアップし、若々しく蘇らせる効果
となっており、このトレチノインクリームだけで、こんなに
沢山の効果が期待できます。

ちなみに、似たものとしてレチノールが使い方としても
とても簡単で、洗顔後に塗布するだけで大丈夫です。

それでもクリーム形式のほうが使いやすいため、やはりトレチノイン
クリームに人気が集中しています。

これだけの効果があるトレチノインクリームですが、副作用として
紫外線に過敏になることがわかっています。

トレチノイン酸は、皮膚のターンオーバーを早める反面、
わずかではありますが、皮膚の厚さが薄くなってしまうのです。
それにより、紫外線をガードする機能が通常より若干劣ります。

粘膜や唇は、皮膚が薄い場所となるため、絶対に塗ってはいけません。
炎症を起こすと、ニキビどころの話ではなくなってしまいますので、
その点をしっかり理解したうえで活用しましょう。

リスクを伴うトレチノインクリームですので、医療機関を通して
購入する必要があります。

医師から指示を受け、正しい方法で使いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ